はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafeお問い合わせはこちらからお願いします

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

はちみつ工房・芳苑 「ほうえん」 営業時間・午前10:00〜午後5:30 定休日・火曜日 TEL/FAX・0978-32-0891

養蜂場の四季

黄色の大地の菜の花畑、淡いピンクはれんげの田、甘ずっぱい香りのみかん園、山合いに咲く花々。

そして山々が秋色に染まる頃の早朝には、和尚山(かしょうざん)と妙見山(みょうけんざん)の山合いより流れ来る白岩嵐(朝霧)はまるで白い龍が養蜂場を囲む様な神秘的な情景が見られます。

こちらに写真が表示されます。ブロックされているコンテンツを許可して下さい。

3月

まだまだ寒い日はありますが、暖かい日は多くの働き蜂が忙しく飛び回っています。

私の仕事もそろそろ忙しくなります。最盛期に備えて巣脾(すそ)の用意や壊れた巣箱の修理で、やはり私も働き蜂です。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

花が咲き始める頃

暖かい日、寒風を防ぐための覆いを巣箱から取り除き、中の様子を見ます。

蜂は元気だったか? 少なくなっていないか? 今年初めての蜂との出会いです。

「蜂は8度から」と言われる様に、気温8℃前後から活動を始めます。
これから秋まで一緒に働いてもらうために、蜂たちの健康を管理するのが私の仕事です。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

4月〜6月

待ちに待った春が来ました!菜の花、桜、みかんの花と開花が続きます。
みつ蜂達が大忙しで花から花へ蜜を集め巣箱へ運びます。

巣箱の中では、花の蜜を蜂蜜に変える仕事や、女王蜂の産卵のために、産室の掃除をしたり大忙しです。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

そして同期に産まれたみつ蜂たちが、一斉に飛び回ることを「喜遊」といいます。
この時期には毎日巣箱を覗き巣を大きくさせる為に、継箱を重ねて巣箱を二段重ねにします。
はちみつを巣箱から取り出し、遠心分離機にかけます。

一年で一番の喜びの瞬間です。

蜂達に感謝。

あま〜い (*´ ▽`*)♪♪ とろりとした「はちみつ」が流れ落ちます。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

白岩嵐

山々が秋めく頃の早朝は和尚山と妙見山の山合いから白岩嵐(朝霧)が流れてきます。
その光景はまるで白い龍の様です。
この地に伝わる龍伝説を思い起こさせます。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

巣では冬の準備です。
女王蜂も越冬する為に、ほとんど産卵をしなくなります。

元気にこの日の為だけに暮らしていた「オス蜂」は巣箱の外へ出されてしまって一生を終えます。

「スズメ蜂」の被害もこの時です。

私達もみつ蜂たちの防護に努めます。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

晩秋

冬の到来の前に寒さ対策として巣箱の風穴を塞ぎます。
入口は蜂一匹が通れるよう1cm程度開け、新聞紙で塞ぎます。

これから迎える、寒い冬の為越冬の準備にかかります。
養蜂場の周りにはそろそろ「さざんかの花」が咲き始めます。

暖かい日は、一匹づつ外に出てさざんかの花粉などを集めているようです。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe