はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafeお問い合わせはこちらからお願いします

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

はちみつ工房・芳苑 「ほうえん」 営業時間・午前10:00〜午後5:30 定休日・火曜日 TEL/FAX・0978-32-0891

芳苑について

東九州自動車道の宇佐インターの近く、標高70mに位置し、東に駅川、南に山本山を背に、北は宇佐平野を望む。 晴天の日は国東半島の両子山を、周防灘の向こうには山口県の島陰が見えます。

春の養蜂場は菜の花の香りに包まれます。蜂箱を取り囲むように数十万本の菜の花が咲き乱れ、その花一つ一つにみつ蜂が飛び交っています。

夕刻ともなるとその「芳り」は一層極だつ「苑」となります。

この情景と芳りから「はちみつ工房 芳苑」が生まれました。

こちらに写真が表示されます。ブロックされているコンテンツを許可して下さい。
始まりは母の病気から

私が高校一年生の夏、母が突然近くの医院に入院しました。

重度の肝機能障害という事で、「症状が落ち着かなければ九州大学附属病院へと転院した方が良い」と主治医に言われました。

友人の養蜂家の方からお見舞いとしていだだいたのが「ローヤルゼリー」と「プロポリス」でした。

母は、わらをもすがる思いで三ヶ月分のプロポリスを10日ほどで飲んでしまったというのです。

その後、病状は回復し26日間の治療の後、退院する事ができました。

 自身の体験の後、自家用として蜂箱を3つ取り寄せ養蜂を始めました。

 自身の健康家族の健康を思っての事でした。自然環境の良さで瞬く間に巣箱は増えたそうです。

はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe
はちみつ 芳苑 大分県 宇佐市 蜂蜜 カフェ cafe

平成11年まで私は福岡でサラリーマンをしていましたが、身体の健康が第一だと気づき安心で安全な「本物」を提供したいとの思いから、養蜂に取り組みました。

生き物が好きだったという事も、理由のひとつでした。

そして「蜂を飼う」事は私の天職になり、4月には豊前市赤熊に直売所を開く事ができました。

「はちみつ工房 芳苑」として10年目を向えた春の、菜の花が満開の平成20年4月、養蜂場のあるこの地に蜂蜜専門店を開きました。

今では、遠くからおこしいただくお客様に蜂蜜をふんだんに使った軽食、デザート、お飲み物などを提供させていただいております。

当農場では養蜂もおこなっているため農薬が使えません。
無農薬で有機栽培した野菜をお出ししております。

はちみつ工房芳苑はおかげさまで6周年を向えることができました。

これからも皆様に癒しとくつろぎの空間のご提供できるように、努力致します。